SPECIALインタビュー

インタビュー

冬の快眠を叶えるデロンギの最新ヒーター「ゼロ風暖房」
【睡眠専門医監修】上質な睡眠が免疫力を高めウイルスに負けにくい体をつくる

冬は寒さや乾燥によって体調を崩しやすい時期。免疫力と睡眠の質には深い関係があり、健康に過ごすためには質のよい睡眠が欠かせません。そこで重要になるのが暖房器具。睡眠の質を高めることにこだわるなら、デロンギの「ゼロ風暖房」が最適です。今回は、冬の快眠を叶えるコツを睡眠の専門医である坪田聡先生に伺いました。

(プロフィール)
坪田 聡 (つぼた さとる)先生
1963年生まれ。医師・医学博士。雨晴クリニック副院長。日本睡眠学会、スポーツ精神医学会、日本医師会所属。睡眠障害の専門医として20年以上の実績を持ち、睡眠障害の予防や睡眠の質を向上させるための指導や普及にも力を入れている。総合情報サイトAll Aboutでは、睡眠ガイドとして睡眠に関する情報を発信。

睡眠の質を高めると疲労回復・免疫力アップが期待できる

冬こそ睡眠の質を高めたい理由

「睡眠の質を高めることで、ただ単に疲労回復というだけでなく、免疫力アップも期待できます」と坪田先生。「睡眠中の人の体では、傷んだ細胞の修復やメンテナンスが行われています。この働きには、深い睡眠に至る時に分泌される成長ホルモンが使われます。ですから、眠りが浅かったり寝不足だったりすると修復やメンテナンスが阻害されて、免疫力が下がることにもつながります」 「よく眠れない人は、よく眠れる人より3~5倍風邪をひきやすいというデータや、インフルエンザの予防接種を受けても、睡眠の質が下がっていると抗体のでき方が半減するというデータもあるんですよ」体調を崩しやすい冬だからこそ免疫力アップのために、ぐっすりと眠れるような工夫が大切です。

冬は冷えや乾燥の影響で、睡眠の質が下がりやすい

冬は、「手足が冷えて眠れない」「鼻やのどの乾燥が気になる」など、睡眠時のお悩みも多くなります。

「冬は睡眠の質が下がりやすい時期でもあります。寝室の気温が16度以下になると睡眠の質が下がると言われています。また湿度が低すぎると睡眠の質も悪くなりますから、寝室の湿度は50~60%に保ちたいですね。特に冬に空気が乾燥する地域では注意が必要です。さらに、睡眠時にエアコンやファンヒーターの温風が直接体にあたると、鼻やのどの乾燥が進んでしまいます。鼻やのどの粘膜は乾燥するとバリア機能が低下してしまいますから、免疫力が下がる原因にもなります」

  • 自宅で快適に過ごせる暖房器具を選んでいますか?

    「暖房に関する意識調査」2016年デロンギ・ジャパン調べ
    (全国20代〜60代男女 50,382人に調査)

  • 自宅で快適に過ごせる暖房器具を選んでいますか?

    「暖房に関する意識調査」2016年デロンギ・ジャパン調べ
    (全国20代〜60代男女 50,382人に調査)

衣服や寝具が厚すぎると、寝返りによる温度調整がしにくくなる

また冬にぐっすり眠るためには、寝る時の衣類や寝具にも工夫をしてほしいと坪田先生。
「質のよい睡眠のためには、寝返りも重要な要素です。寝返りをすることそのものに、布団の中の湿度や温度を調整する作用があるからです。寒いからといって厚着をしたり、掛け布団や毛布をたくさん使ったりすると、寝返りがしにくくなってしまいます」
衣類や寝具を寝返りしやすいものに調整するためにも、暖房器具を賢く使って室温を快適にキープすることが重要です。

デロンギの「ゼロ風暖房」なら輻射熱で部屋全体をあたためるので、冬の快眠を実現できる

坪田先生は冬の快眠を叶える暖房器具として、「輻射熱であたためること、温風を使わないことなどから、デロンギのヒーターは睡眠の質が下がりやすい冬に最適な暖房と言えると思います」と話してくれました。

輻射熱で部屋全体をあたためる。デロンギの「ゼロ風暖房」
「温風であたためるタイプの暖房器具は空気だけをあたためるので、部屋全体の温度にムラが生じる場合があります。その点、デロンギのヒーターは、輻射熱で部屋の天井や壁から床まであたためることができるのが利点です。部屋全体をムラなく暖めるので、手足の冷えを気にすることなく、よく眠れるようになるでしょう」と坪田先生。

「デロンギのヒーターは風を使わず輻射熱であたためる「ゼロ風暖房」。床・壁・天井にも赤外線で熱が伝わり、部屋全体にやさしく陽だまりのような温かさをもたらします。そのため床から冷えを感じることもなく、体感温度に差が出ます。同じ20℃という温度設定にしても、デロンギのゼロ風暖房であれば十分快適に感じられるのです。

20℃設定でも部屋中快適

輻射熱で床・壁・天井にも熱を伝え、部屋中を暖めるから 体感温度が違います。

【シミュレーションプログラム監修】明治大学理工学部建築学科 酒井 孝司 教授 <>【シミュレーション条件】建物の構造・断熱性:木造・新省エネ基準(Ⅳ地域)に適合・6畳居室 運転時間:15〜22時、設定温度:18~25℃、相対湿度:50%、外気温:拡張アメダスデータに基づいた東京の12月下旬の気温/着衣と代謝を考慮。

質のよい睡眠のためには「温度」「音」「風が体にあたらないこと」が重要

「質のよい睡眠」のためには睡眠環境を整えることが大切

次に、坪田先生に質のよい睡眠の条件を教えてもらいました。

□布団に入ったらすぐ眠れる
□夜中に目覚めることがなくぐっすり眠れる
□自分が起きようと思う時間に自然に起きることができる

「おおまかにこの3つが自分で判断できるポイントです。このポイントが揃っていれば、質のよい睡眠がとれていると言えます」
では、質の良い睡眠をとるためには、どうすればよいのでしょうか。「質のよい睡眠をとるためには、睡眠時の環境を整えることが大切です。寝室の温度・音・気流(風が体に直接あたらないこと)・明るさ、は睡眠環境を整える大切な要素になります。」

寝室の灯りは最低限、音は40デシベル以下が理想

「寝室は灯りを消して真っ暗にするか、フットライトなど最低限の明るさにしましょう」
「音は40デシベル以下の静けさが理想的です。ただ、壁の電気のスイッチをパチッと押す音だけでも40デシベルくらいあると言われています。暖房器具によっては音が気になって眠れないということもありますから注意が必要です」

静かな運転音
デロンギのヒーターは温風を使わないので運転音もとても静か。「マルチダイナミックヒーター」の運転音は呼吸音よりも小さいという静かさです。

寝室の適温は16度。

「冬の寝室の適温は16度くらい。ナイトウエアの上に一枚羽織るとちょうどよいくらいの気温です。布団に入ると体温が上がり寝つきが悪くなるので、就寝時は起きている時よりも低めの温度設定にしましょう」

温風が体にあたらないことが望ましい

「たとえば洗濯物を干した時に風がない状態よりも、風があるほうがよく乾きますよね。これは風が洗濯物の水分を奪うためです。同じように、体に風があたってしまうと乾燥が進みます。快適な睡眠のためには、暖房器具の風が体にあたらないほうが望ましいと言えるでしょう」
「そのほかにも、暖房器具の温風は床のハウスダストを巻き上げやすくなることも気をつけたいポイントです。アレルギーのことを考えても、睡眠時は風がない状態が理想的です」

ハウスダストを巻き上げず、空気もクリーン
温風を使わないデロンギのヒーターは、ほこりやハウスダスト、ペットの体毛などを巻き上げることがありません。アレルギーの心配がある人も安心して使うことができます。

温風がないから乾燥しにくい
デロンギのゼロ風暖房は、エアコンやファンヒーターと違って温風が体に直接あたることがありません。そのため、鼻やのどの乾燥が気になる人にもおすすめです。

質のよい睡眠のための最適な室温をキープする方法

坪田先生によると「人の睡眠と体温には深い関係があり、そのリズムに合わせて室温を調整すると、睡眠の質を高めることができます」とのこと。冬の上質な睡眠を叶える、室温調整のポイントを詳しく伺いました。

室温調整のポイント①寝る前に寝室をあたためておく
「リビングと寝室に寒暖差があると交感神経が刺激されて、寝つきが悪くなります。寝る1時間ほど前には暖房のスイッチを入れて、寝室をあたためておきましょう。また寝ている間は体温が上がらない方がぐっすり眠れるため、室温を一定にキープできる暖房器具を選ぶことをおすすめします」

「マルチダイナミックヒーター」の最上位機種はWi-Fi機能を搭載。スマートフォンのアプリ(iOS/Android対応)とつないで、いつでもどこでも室温を快適にコントロールすることができます。外出先から帰宅前に部屋を暖めることはもちろん、寝る前にリビングから寝室をあたためておくのも簡単に操作可能です。

デロンギの「MySleep」「24時間タイマー」を使えば、睡眠と体温のリズムに合わせて温度設定が可能

坪田先生によると、入眠前の室温調整だけでなく、睡眠中や起床前の室温調整も、冬の睡眠の質を高める重要なポイントになるとのこと。

室温調整のポイント②眠っている間も室温を調整する
「寝ついた直後のノンレム睡眠(深い眠り)の間、約3時間は室温を16度にキープします。そのあとのレム睡眠(浅い眠り)では、交感神経と副交感神経の作用から寒く感じることがあるので、設定温度を1度上げます。起きて活動するために体温が上がったほうがよいので、起きる1時間ほど前にさらに設定温度を2~3度上げておくことで、すっきりと目覚めることができます。

エアコンなどではタイマーでスイッチを切ってしまうと、すぐに室温が下がってしまい、寒さを感じて目が覚めるということも考えられます。デロンギのヒーターは睡眠のリズムに合わせて設定温度を変えることができる機能もあるので、寝室の暖房器具として最適だと思います」。

デロンギのゼロ風暖房は、睡眠と体温のリズムに合わせて最適な睡眠環境をコントロールできるのも特長のひとつです。

アプリの「MySleep」機能を使えば、眠る前から起きるまでの間、坪田先生推奨の温度設定で自動運転させることもできます。さらにApple Watchがあれば、使っている人の脈拍や姿勢に合わせて「MySleep」が起動し室温を調整してくれます。

さらにデロンギの「マルチダイナミックヒーター」には、ライフスタイルのスケジュールに合わせて、室温をコントロールできる「24時間タイマー」機能が搭載されています。この「24時間タイマー」を使用すると、寝る前・眠っている間・目覚める前とそれぞれのタイミングでの温度設定を簡単に調整できます。たとえば、「寝る前は16℃、寝てから3時間後に温度を1℃アップ、起床予定時間にさらに1℃アップ」といった細かい室温調整も3つまで設定可能です。

睡眠にこだわる人にもおすすめ! デロンギの「ゼロ風暖房」の特長

デロンギのヒーターは、輻射熱であたためる「ゼロ風暖房」をラインナップ。赤外線が部屋のすみずみまで届くことで熱が伝わるので、乾燥しにくく、ひなたぼっこをしているようなあたたかさを感じられるのが最大の特長です。

デロンギの「ゼロ風暖房」共通の特長

・部屋全体をあたためる輻射熱暖房

肌ものども乾燥しにくい

・空気がクリーン

・表面安全設計

マルチダイナミックヒーターWi-Fiモデル

MDHAA15WIFI-BK ※2020年9月発売

「マルチダイナミックヒーター」はデロンギヒーターの最上位モデル。気温の変化を敏感に察知して秒単位で自動調整し、設定した温度を±0.1度の範囲でしっかりキープ。室温を一定に保つことに優れています。さらに、従来型ヒーターの2倍のスピードで一気に暖めることができるパワフルさでありながら、運転音は人の耳にはほとんど聞こえないほどの静かさを実現。お部屋をスピーディに静かに暖め快適な温度にキープします。 スマートフォンのアプリで直感的に操作ができるWi-Fiモデルの最新機種は、新たにAndroidアプリにも対応。iPhoneでもAndroidでも、いつでもどこからでも操作することができます。アプリ内の「MySleep」機能を使えば、睡眠専門医推奨の温度設定を自動で管理することも可能。さらにスマートスピーカーの音声操作も可能になり、より便利に使いやすくなりました。

商品の特長

・快適温度を一定キープ

・従来の2倍の速さで部屋をムラなくあたためる

・フルパワーでも驚くほど静か

・いつでもどこでも快適な室温をコントロール(Wi-Fiモデル)

商品詳細ページ
https://oilheater.delonghi.co.jp/product/mdhaa15wifi-bk.html

(まとめ)
快適な睡眠環境を整えることができる特長が詰まったデロンギの「ゼロ風暖房」。質のよい睡眠は免疫力を高め、冬を乗り切る土台になります。睡眠の質が低下しがちな冬こそ、デロンギのヒーターが叶える上質な睡眠を体験してみませんか?