SPECIALデロンギ ヒーターでヒートショック対策も

お家にひそむ寒暖差が
ヒートショックを引き起こす

人間の身体は急激な温度差にさらされると、心疾患のリスクが高まります。寒さで血管が収縮し血圧が上昇したり、反対に暖まることで血圧の急降下を招くため、居室を移動する際の部屋間の温度差はもちろん、同じ室内でも部屋内温度差には注意が必要です。

  • 移動時に生じる部屋間温度差※1

    移動時に生じる部屋間温度差のイメージ
  • 同じ室内に潜む温度差※1

    同じ室内に潜む温度差のイメージ

※1 住居や環境によって異なります。

実は交通事故より多い
ヒートショックによる死亡者数

ヒートショックによる死亡者数のイメージ

※1 厚生労働省の統計と、東日本全消防本部の調査協力を得て実施した調査結果から推計。

※2 平成28年中の交通事故死者数は3,904名。『政府統計の総合窓口』より

室温を一定に保ち、安全性にも
優れたデロンギ ヒーター

ヒートショックの予防には部屋間/部屋内温度差を3℃以内にすることが望ましく、温度差がまったくない一定の状態を保つことが理想的です。デロンギ ヒーターは輻射熱で部屋中を暖めます。さらに、マルチダイナミックヒーターなら32通りの温度制御で±0.1℃の室温を保ちます。※3

温度ムラの
ない空間づくり

サーモグラフィ
壁・床・天井まで暖かな空間
さかい医院(川崎市) 堺浩之院長

【監修】
さかい医院(川崎市) 
堺浩之院長

ヒートショックが起こりやすい環境として暖かいリビングと寒い脱衣所・浴室の温度差があります。 脱衣所は裸になる場所で、直接肌に触れてやけどをしたり、衣類に引火して火事になりやすいため、火を使わない暖房器具のほうが安心だと思います。 そうした点でもデロンギ ヒーターはおすすめですね。※4

※3 詳しくはこちらのページの快適温度一定キープをご覧ください。
※4 屋外や浴室など、水や湿気の多い場所では使わないでください。壁や電源をとるコンセント、カーテンから20cm以上離して使用してください。人や家具からは1m以上離して使用してください。契約電力回路容量を確認の上使用してください。本体や通気口を衣類などで覆わないでください。濡れた手で電源の抜き差しを行わないでください。