DeLonghi [Better Everyday]

デロンギ ヒーター

朝起きたらノドが痛い!それ、暖房の風のせいかも
朝起きたらノドが痛い!それ、暖房の風のせいかも
なんか部屋がホコリっぽい!それ、暖房の風のせいかも
肌が乾燥しているみたい。それ、暖房の風のせいかも
目がショボショボ乾く!それ、暖房の風のせいかも
肌が乾燥しているみたい。それ、暖房の風のせいかも
インフルエンザ、暖房の風のせいかも?
暖房の風がノロウィルスを蔓延させてた?

冬の暖房の「風」でお困りの方に最適!

風がでないから乾燥しにくく、空気もキレイ ゼロ風暖房

温風暖房 VS ゼロ風暖房

1.肌も喉も乾燥しにくい

温風を出さず、水分が奪われることがほとんどないため、肌の水分量もしっかりキープ。乾燥による喉の痛みもありません。

温風を出さず、水分が奪われることがほとんどないため、肌の水分量もしっかりキープ。
乾燥による喉の痛みもありません。

加湿器に頼らず、冬を快適に

デロンギ ヒーターは肌の水分量をしっかりキープ。
乾燥による喉の痛みもなく、快適にすごせます。

温風が当たった場合と比べるとお肌の水分量は1.5倍

[肌水分量の比較]
肌水分量の比較
[お肌のイメージ]
お肌のイメージ
  • 試験施設:総合健康開発研究所
  • 被盲検クロスオーバー比較試験、開始30分後の肌水分量を測定
  • 温度:24°C設定、湿度:50%設定、被験者:乾燥肌の20~40台女性(n=5)
[レモンによる24時間経過比較(当社調べ)]
レモンによる24時間経過比較

2.空気がクリーン

ホコリや花粉などの巻き上げがないので、空気がキレイ

気流が穏やかなので、
ホコリやハウスダストを巻き上げません。

ホコリの巻き上がる様子を実験した動画

温風によるホコリや花粉などの巻き上げがないので、アレルギーにお困りの方にも安心。

ハウスダストの浮遊量を低減

  • ファンヒーター使用イメージ

    ファンヒーターを使用

    ダニの死がいやフン、花粉、カビなどのハウスダストを簡単に巻き上げる

  • デロンギ ヒーター使用イメージ

    デロンギ ヒーターを使用

    室内にひそむハウスダストを空気中に巻き上げず空気がキレイ

[ハウスダストの浮遊量]
ハウスダストの浮遊量グラフ

8畳洋室(コンクリート壁)を対象に、床面の粒子径:2から30μmのハウスダストが、呼吸高さ(床上85cmから180cm)まで浮遊した量を観察。 ・換気回数:0.5回/h ・解析時間:60秒
【気流シミュレーション監修】新潟県立大学 坂口淳教授
※グラフはイメージです。

体にやさしいデロンギ ヒーターで冬場の環境づくりを

東京国際クリニック 塚田 紀理先生東京国際クリニック
塚田 紀理先生

温風で部屋を暖める暖房器具を使用すると、ハウスダストを簡単に巻き上げ、その空気を吸い込むことでアレルギー症状を起こす確率が高くなります。また、乾燥により皮膚は過敏になり、粘膜は炎症を起こしやすくなります。風の出ないデロンギ ヒーターを使えばハウスダストの舞い上がりが低減されますし、温風によって皮膚や粘膜の水分を奪うこともないのでおすすめですね。

空気を汚さない理由(室内の空気を汚さず暖めます)

火を使わず、
CO2をださない

燃焼型の暖房ではないので、お部屋の空気が汚れません。

[CO2濃度の比較]
CO2濃度の比較グラフ

監修:新潟県立大学 坂口 淳 教授 試験室:床面積40.2m2、容量110m3、平均換気回数0.76回/h 石油ファンヒーター:20ーC設定 デロンギ ヒーター:1500Wモデル