DeLonghi [Better Everyday]

デロンギ ヒーター

各種機能の使い方

ヴェント、H770812EFS、ドラゴン3の各種機能の使い方をご紹介します。

1. 基本的な使い方

オイルヒーターは家庭用の電気製品ですので、ご家庭のコンセントにプラグを挿すだけでお使いいただけます。燃料の補給は必要ありません。暖かさや運転時間は正面のスイッチやタイマーなどで調節できます。

  • まずはプラグを挿して
  • スイッチONするだけ
  • サーモスタット、切り替えスイッチ、タイマーなどで調節を行います。

    ※イラストは1500Wタイプの電力切り替えスイッチです。

2. 電力切り替えスイッチの使い方

電力切り替えスイッチには2種類のタイプがあります。(機種によってタイプが異なります。)2つのスイッチで電力を決定する「ランプ付き二連式」と、目盛りを選択する 「ダイヤル式」です。どちらのタイプも3段階の電力切り替えができるようになっています。

  • ランプ付き
    二連式タイプ
  • ダイヤル式
    タイプ

暖房運転を開始する(電源を入れる)

<ランプ付き二連式タイプ>

電力切替えスイッチ左側を押し込みます。電源が入るとパイロットランプが点灯し、暖房運転が始まります。
運転当初は、スイッチを両方とも押し(※)、電力レベルを強(MAX)にしてください。

※MIN Ⅰ(弱)+ MED Ⅱ(中)=MAX(強)

消費電力を切り替える

消費電力が1200W以上のオイルヒーターは、消費電力を切り替えて運転できるようになっています。

位置 1200Wモデル
MIN/1
(弱)
500W運転
(1に合わせる/MINだけ押す)
MED/2
(中)
700W運転
(2に合わせる/MEDだけ押す)
MAX/3
(強)
1200W運転
(3に合わせる/MINとMEDを押す)
位置 1500Wモデル
MIN/1
(弱)
600W運転
(1に合わせる/MINだけ押す)
MED/2
(中)
900W運転
(2に合わせる/MEDだけ押す)
MAX/3
(強)
1500W運転
(3に合わせる/MINとMEDを押す)

※消費電力の調節は、電力切り替えスイッチと、サーモスタットとの両方で行えます。

3. 24時間電子タイマーの使い方

24時間電子タイマーは、24時間かけて文字盤が右回りに1周する時計のようなしくみになっています。文字盤の周りのピンスイッチ(15分刻み)の位置によって、その時間帯の電源のON/OFFを決定します。(電源プラグがコンセントに挿し込んであると、電源スイッチのON/OFFにかかわらず文字盤は回転します。)就寝前後の1~2時間や起床時間の1時間ほど前から電源ONするようにしておくなど、生活パターンに合わせて設定しておけば、決まった時間に自動的にヒーターのON/OFFができます。

※一部の機種には更に便利な運転セレクトピン付きタイマーを搭載しています。
運転セレクトピン本機能搭載モデル:V550807EFS, H770812EFSN-BR, H770812EFS-OR

運転セレクトピンの位置とモード

位置 運転モード
0(上)
一時停止(モード)
タイマーおよび手動運転中に、一時的に運転を停止します。
長期に停止する場合は、電力切り替えスイッチで電源を切ります。
(中央)
タイマー運転(モード)
暖房の開始/停止を電子タイマーで行う=タイマー運転にします。
ここでピンスイッチを全てONに設定した場合、手動運転にできます。
I(下)
手動運転(モード)
暖房の開始/停止を電力切り替えスイッチの入/切で行う=手動運転にします。
ピンスイッチに関係なく、電力切り替えスイッチの入/切に連動します。

4. サーモスタットの使い方

サーモスタット(温度調節器)は、ヒーターがある一定の温度になったら電源をOFFし、温度が下がってきたら、電源をONすることを自動的に行って適温を保ちます。ダイヤル部の数字が大きいほど温度が高く(=電源ONの時間が長く)なります。暖めはじめの時にはサーモスタットを最大に設定しておきます。お部屋が適温になったと感じたら、つまみを戻し、電源ランプが消えた位置で止めます。こうすることで、ヒーターが自動的にその時点の温度に保たれます。

サーモスタットを設定する

お望みの温度(=適温)になったら、サーモスタットのツマミをゆっくりと左(反時計回り)に回し、パイロットランプが消えたところで止めます。これで適温が設定され、後は自動的に電源のON/OFFを繰り返しながら適温を保ちます(パイロットランプも消点灯を繰り返す)。

適温を上げるときは、右(時計回り)に回し、下げるときは左(反時計回り)に回します。(ランプが消えたところで止める)

サーモスタットは暖め方の目安となるもので、室温○度という設定をするものではありません。電源のON/OFFを自動的に繰り返して、ヒーター本体の温度を一定に保つ働きをしています。同じ設定でも、使用環境や室温によって、また、個人の感じ方によっても暖かさは異なります。消費電力の調節は、電力切り替えスイッチと、サーモスタットとの両方で行えます。(※)

※ 消費電力の調整
電力切り替えスイッチは通電(電源ON)時の電力の上限を設定するのに対して、サーモスタットでは、運転時間の自動調節によって電力消費を調整しますので、通電中には、電力スイッチで設定した最大の電力を消費します。(たとえば、1500Wのヒーターのサーモスタットを最大目盛りの半分にしているからといって、電源ON時には、50%である750Wの電流が流れるわけではありません。)ご家庭での回路内での他の電気機器を使用する関係で、消費電力を抑えたい(ブレーカーが落ちたりする場合)時には、電力切り替えスイッチで電力レベルの上限を設定してお使いください。

製品情報