DeLonghi [Better Everyday]

デロンギ ヒーター

電気代節約のコツ

デロンギ ヒーターには、お部屋を効率的に暖める様々な省エネ機能があります。
デロンギ ヒーターの特長を活かした電気代節約の4つのコツをご紹介します。

冷気を
さえぎる
場所に置く

POINT 1 設置場所

窓際・壁際に設置。
冷気をカット

熱の逃げやすい窓際に置くことで、冷気の侵入を防ぎ、お部屋をムラなく暖めることができます。カーテンをひいたり、窓に市販の断熱シートを張るなどして、冷気を防ぐとより効果的です。

滞留する団旗が冷気をシャットアウト

設定温度を
調整する

POINT 2 設定温度

設定温度は低めでも、
しっかりあたたか

重要なのは、室温よりも「体感温度」。輻射熱を使うデロンギ ヒーターは、床、壁、天井も暖めるので他の暖房より体感温度が高めだから、ちょっと低めの設定温度でも十分暖かく感じます。

タイマーの使用例

時間を決めて
暖める

POINT 3 時間管理

生活リズムに合わせて、
タイマーを

タイマーを上手に使って、快適な暖房生活が可能に。電源を切っても暖かさはしばらく続くので、OFFの時間を早めに設定することで、節約効果が更にアップします。

タイマーの使用例

ECO運転で
控えめ暖房

POINT 4 モード設定

ECO運転で、約20%節電

ボタンを押すだけで設定温度より少しだけ控えめに運転できる機能。快適さはそのままに、暖めすぎの無駄を省きます。マルチダイナミックヒーターは、一定温度を保てるので更に節約できます。

節電
  • デロンギ ヒーターの電気代は?

    電気代シミュレーションイメージ

    3種類の使用パターンを想定してシミュレーションしました。

  • 電気代カンタン計算イメージ

    電気代カンタン計算

    お客様のお部屋でデロンギ・ヒーターを使用した場合の電気代を、カンタンに計算できます。